診療科のご案内
Medical Service

神経内科

特徴

入院される患者さんの70%は脳梗塞の方です。その他 髄膜炎、脳炎、ギランバレー症候群、パーキンソン病、てんかん等の疾患を有する方が多く入院されています。

脳梗塞症例に関しては、救急部の医師と連携し頭部CT、MRIを行い早期の診断、治療を心がけています。

また検査に関してはCT、MRI以外に核医学検査(脳血流SPECT)の施行も可能のため、脳血管障害の他、変性疾患の診断に対しては外来で他院に御紹介することなく検査が出来、診断に有用です。

入院された方の30~40%は、すぐにご自宅に帰れないのが現状ですが、その方々に対してはリハビリ専門病院、療養型病院への移行がスムースに行われるよう、御家族ならびにソーシャルワーカーと相談して対応しています。

また、当科の外来、入院患者様はともに地域の開業医の先生より御紹介いただく事が多く、症状安定後、自宅退院が出来れば再び紹介元の先生のところで経過を見ていただき、その後の診療をお願いする地域連携医療にも重点を置いています。

治療対象疾患

神経内科疾患全般を対象としています。

脳血管障害、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの変性疾患、炎症性疾患(髄膜炎、脳炎)、多発性硬化症、末梢神経疾患(ギランバレー症候群など)、重症筋無力症等。

また、物忘れ症状に関しては認知症専門外来を毎週土曜日に行っています。(要予約)

他、近隣に健康管理センターを併設していますので、脳血管障害に対し一通りの精査をご希望される方には、戸田中央総合健康管理センターへの御紹介をお願いします。

治療実績

診療実績(2014年度)

外来患者

外来患者総数11,117人
初診患者数1,963人
再診患者数9,154人

入院患者

入院患者総数264人
救急搬送患者数145人
予定入院患者数5人

入院疾患分類 (2014年度)

脳血管障害169人
機能性疾患36人
変性疾患14人
感染性疾患7人
免疫性疾患8人
筋疾患5人
その他25人
お問い合わせ先
048-442-1111(代表)