診療科のご案内
Medical Service

腫瘍内科

科の特色

がん克服は今世紀医療界に与えられた喫緊の課題です。当院では外来化学療法室において、有効かつ安全ながん薬物療法を実施するために、関連各科・各部署・医療スタッフとの密接な連携に基づく診療支援体制を構築し、適宜懸案症例・懸案事項の情報を共有・協働することにより患者中心の至適がん医療に努めています。

各症例における事前のがん病態の評価と諸臓器機能把握に基づく適切な治療目標の設定による、治療係数の最大化を求める安全かつ有効な治療計画策定の支援にも注力しています。

近年分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬など新規薬物の臨床導入が急速に進み、従来の抗がん薬よりも複雑多岐にわたる有害事象の発現が認められています。従来薬の副作用に加え、それらの有害事象も探査・抽出・評価に努め、遺漏のない支持医療の支援・提供も目指しています。

専門領域

  • がん薬物療法
  • 支持医療
  • 老年腫瘍学

診療状況

実績(2019年4月~2020年3月)

外来化学療法室での実施件数

3,325件

主な診療科別件数

一般内科 684件
外科 1,013件
消化器内科 725件
乳腺外科 449件
泌尿器科 303件
呼吸器外科 91件
呼吸器内科 55件

レジメン別(臓器別)件数

大腸 mFOLFOX6±α 301件
FOLFIRI±α 284件
XELOX±α 210件
pembrolizumab 107件
durvalmab 102件
PEM 98件
nab-PTX 79件
atezolizumab 22件
nivolmab 69件
小細胞肺がん CBDCA+ETP 51件
AMR 39件
尿路がん GC 184件
膵がん GEM 72件
wPTX+Ram 63件
食道 FP+RT 40件
乳腺 HER +PER 104件
EC 74件
お問い合わせ先
0570-01-1114