診療科のご案内
Medical Service

小児科

対象疾患

小児科一般

気管支喘息、肺炎、喉頭炎、細気管支炎、熱性けいれん、てんかん、川崎病、先天性心疾患、不整脈、血管性紫斑病、急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、肥満、低身長、思春期早発症、等

予約診療

東京女子医大教授 杉原 茂孝先生
内分泌外来(肥満・糖尿病・甲状腺疾患):毎月第2金曜日/14:00~16:00

東京女子医大名誉教授 村田 光範先生
内分泌外来(肥満・低身長・思春期早発症):毎月第3水曜日/14:00~16:00

埼玉医科大学前教授 雨宮 伸先生
内分泌外来(糖尿病・低身長・思春期早発症):毎月第3火曜日/14:00~16:00

東京女子医大前教授 浅井 利夫先生
心臓外来:毎月第4金曜日/14:00~16:00

東京女子医大教授 服部 元史先生
腎臓病外来:毎月第3木曜日/15:00~(腎センターにお問い合わせください)

喜多見こどもクリニック・東京女子医大非常勤講師 上田 哲先生
神経外来:毎月第2・4水曜日/14:00~16:00

東京女子医大講師 大谷 智子先生
アレルギー外来:毎週火曜日/15:30~16:30

東京医科大学病院 林 豊先生
小児外科:毎週水曜日/14:00~16:00 (外科外来にお問い合わせください)

アレルギー外来:毎週火・金曜日/14:00~16:30

循環器外来:毎週木曜日/15:00~16:30

胎児心臓超音波検査:毎週金曜日/15:00~16:00

予防接種:火曜日午前、木曜日午後に予約制で予防接種外来を行っています。

科の特色

地域の小児医療として、主に喘息発作、肺炎、急性胃腸炎、痙攣など急性疾患を中心に地域の先生や戸田蕨休日平日夜間急病診療所、救急隊の要請に応えて入院を受け入れています。

また、東京女子医科大学や埼玉医科大学と協力し、午後に予約制で専門外来を設けています。低身長、気管支喘息、食物アレルギー、ネフローゼ症候群、IgA腎症、血管性紫斑病、炎症性腸疾患、先天性心疾患などの慢性疾患の検査、治療を行っていいます。特にアレルギーについては、近年アレルギー疾患を持つ子供が増加し、専門家による指導はその重要性を増しています。

当科では、日本アレルギー学会の認定教育施設の認定を受け、アレルギー専門医を揃え、アレルギー外来だけでなく、一般外来でも専門医による指導を受けられるようにしています。

専門領域

午後の外来では、内分泌、アレルギー、腎臓、神経、循環器といった専門外来を予約制で設けています。専門外来では、常勤医による診療だけでなく、大学等の協力を得て経験豊かな各専門分野の専門家が診療に当たっています。

内分泌疾患

東京女子医科大学東医療センター小児科杉原茂孝教授、村田光範名誉教授、埼玉医科大学小児科雨宮 伸前教授が低身長、思春期早発症、甲状腺疾患、肥満など内分泌疾患や小児の生活習慣病の診療を行っています。低身長などの負荷試験は入院で行っています。

アレルギー疾患

東京女子医科大学東医療センター大谷智子講師と常勤医4名、非常勤医のアレルギー専門医が診療を行っています。アレルギー外来は予約制で、火曜午後(大谷講師)、金曜午後(岩崎・元医師、隔週交替制)、火曜午前(吾妻)月2回、水曜午前(鈴木)月2回で、食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などの診療を行っています。食物アレルギーの患者様に対しては除去食物の解除を目指した負荷試験を入院で行っています。

神経・筋疾患

東京女子医科大学永木茂前准教授(土曜 予約制)、東京女子医科大学東医療センター上田哲非常勤講師、新井医師(神経外来 第2・4水曜午前 予約制)ら小児神経専門医による診療や外来での脳波検査、てんかん、熱性けいれん、発達障害などの診療を行っています。
鎮静が必要な患児に対しては日帰りで頭部MRI検査を行っています。

循環器疾患

東京女子医科大学浅井利夫前教授が地域の学校心臓検診を行っています。循環器外来は毎週木曜日で、木・金曜日午後と第二・四週土曜日に、予約制で心臓超音波検査を施行しています。

循環器外来では、先天性心疾患、不整脈、川崎病患児の経過観察を行っています。全国的な川崎病の増加に伴い当院でも年間30~40名の川崎病患者様が入院しています。

水曜日午後には、近隣の産婦人科から紹介された患者様の胎児心臓病超音波検査を行っています。

腎臓疾患

東京女子医科大学腎臓小児科服部元史教授が腎センターで月1回外来をしていますが、毎週木曜日午後に東京女子医科大学腎臓小児科の富井祐治医師、毎種土曜日には久保田医師(腎臓専門医)が診療を行っています。ネフローゼ症候群、IgA腎症、急性糸球体腎炎等の患者さんの診療を行っています。

炎症性腸疾患

消化器内科の医師の協力を得て、小学生高学年以上の患者様には、積極的に内視鏡を施行し、クローン病・潰瘍性大腸炎といった疾患の診断や治療・経過観察を行っています。

小児外科疾患

毎週水曜日午後に東京医科大学小児外科の林豊医師が外科外来で外来を行っています。ヘルニアは、日帰りで手術を当院で施行しております。

診療状況

入院数 平均在院日数 外来患者数 超音波検査
 合計  平均  合計  平均  小児
 2012  791  66  5.4  22,972  1,914  691
 2013  849  71  5.0  24,417  2,035  756
 2014  791  66  5.4  22,972  1,914  761
 2015  707  58.9  5.7  24,202  2,016.8  781
 2016  720  60.0  5.8  24,283  2,023.6  760

当院には、小児専用病棟(25床)があります。3歳未満の乳幼児は、患児の精神面を考え、保護者の付き添いが望ましいと考えておりますが、ご家庭により家庭環境は様々です。付き添いできるご家族(女性)が居られない場合も、小児科外来にご相談いただきたく思います。

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)