診療科のご案内
Medical Service

心臓血管センター外科

低侵襲心臓手術 MICS

心臓手術は一般的に、胸の中央を切り胸骨を切り開く「胸骨正中切開」で行われます。患者さまの状態により、悪い部分をしっかり治すためと判断された場合は、大きく開胸して完成度の高い手術を目指すことも必要です。

しかし、患者さまの状態により、安全かつ完成度の高い手術を行えると判断された場合に当院では「4K内視鏡」を用いた「低侵襲心臓手術MICS(minimally invasive cardiac surgery)」を行っております。

低侵襲とは、身体への負担をできるだけ少なくして行う手術のことです。 MICSは、胸骨を切らずに肋骨と肋骨の間から手術を行う(胸骨を一部分だけ切る場合もございます)ため、一般的には胸骨正中切開よりも傷が小さく、出血も少ないために体への負担が少ないと言われております。

胸骨正中切開 大きな創の胸骨正中切開
胸骨を温存したMICS手術

※こちらの写真は患者さまの同意を得て掲載しております。

MICS手術が適用となる方


MICS手術は、
  • 胸骨を切らない為、手術中の出血が少なく、胸骨の感染リスクが低い
  • 胸骨を切らないため、術後の社会復帰が早い
  • 入院期間が胸骨正中切開を行った場合よりも短い傾向にある
などのメリットがありますが、全ての方がMICSを受けられるわけではございません。動脈硬化が強い方心臓・肺の機能が低下している方などはご希望に添えない場合がございます。また、切る範囲が狭いため胸骨正中切開よりも高度な技術が必要になり、手術時間が胸骨正中切開よりも長くなってしまうことがございます。そうなってしまうと低侵襲とは言えませんので、ご受診いただいた方お一人お一人の症状や全身の状態を診て、確実性の高い手術方法をご相談させていただきます。

MICSが適用になる病気

  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
  • 弁膜症(大動脈弁や僧帽弁)
  • 先天性心疾患(心房中隔欠損症など) など

心臓手術についてご相談・ご質問等ございましたら、心臓血管センター外科へお問い合わせください。なお、外来は完全予約制とさせていただいており、なるべく待ち時間を少なくするよう鋭意努力しておりますが、緊急の症例も極力断らずに対応しておりますので、待ち時間が長くなってしまう場合がございます。ご了承いただけますようお願いいたします。

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)