診療科のご案内
Medical Service

腎臓内科(腎センター)

当科の特色

当科では、近年概念として確立された慢性腎臓病(CKD)の、腎炎から透析療法に至るまでの慢性疾患の有する幅広い病態に応じた加療と、急性腎不全や急速進行性腎炎および急性血液浄化療法などに対する急性期の加療に力を入れている。また2009年4月より泌尿器科と共に腎センターを構成し、両科協力体制の下に主に末期慢性腎不全および腎移植に対する集約的な治療を行っている。

慢性経過を辿る慢性腎臓病は、多様な病態を有する患者の増加に伴い、薬剤選択、貧血の改善や栄養面でのサポートといった多面的な加療がますます必要となっているため、長期的なfollowにはかかりつけ医や専門科との病診連携、役割分担が不可欠であると考えられる。このため、当科を含めた埼玉県南部地区の腎臓内科医でCKD連携協議会を組織し、定期的に学術講演会などを開催し、近隣医との病診連携および併診のお願いをすることで透析などの腎臓病の末期段階への進行を食い止める活動を続けている。また栄養指導の重要性を鑑み、当院病診連携室の協力のもと、医師の診察なしで栄養指導のみを繰り返し何度でも行って頂けるシステムを構築し、近隣医への御案内を進めている。

慢性腎臓病の一大疾患であるIgA腎症に対しては、2017年度も引き続き当院耳鼻科と連携し扁桃腺摘出+ステロイドパルス療法を積極的に施行し、臨床的な尿所見の改善および寛解維持などの効果を実感している。また腎生検は近年30-50件で一定数の症例に施行させて頂き、腎炎および腎障害の診断を行っている。今後も腎臓病の治療方針に対する病理診断からのアピローチとして重要視していく方針である。

透析に関しては、維持透析への新規導入件数は、年度による変動はあるものの、ここ数年は連続して減少傾向にある。今後の透析導入の動向は、日本透析学会の全国透析施設における集計からも、年度ごとに増減を繰り返しながら、全体としては減少傾向となる事が予想されている。これと並行して透析ブラッドアクセスに対する近年の経皮的シャント血管形成術(PTA)の件数も数年前に100件を超えていたが、近年減少し70-80件程度で横ばいとなっている。今後もできる限り積極的なPTAのアプローチによるブラッドアクセス開存率の確保に努めたいと考えている。同時に近年の傾向として、動脈硬化が進展した患者の増加に共に、血管の荒廃、狭窄、閉塞等の理由からブラッドアクセスの最終手段である長期留置透析用カテーテルの選択を余儀なくさせられる症例が増加している。このためカテーテルの開存に対する対策、方法についての検討が必要と考えている。

腎移植に関しては、慢性腎臓病保存期の患者さんが希望を汲み取り、可能であれば透析導入前に当院泌尿器科に相談し、スムーズな移植医療へのバトンタッチを行っている。また移植後のレシピエントおよびドナー患者さんに対しても外来で腎機能のフォローを行っている。

患者さんの皆様へのメッセージ

腎臓病は一般的に症状が出にくくまた出現する場合はその症状は多彩です。更に他の病気と一緒に悪くなる事もありますので、受診のご相談を含め何かご心配ご不明な点がございましたら、当院腎センターまでお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)