診療科のご案内
Medical Service

腎臓内科(腎センター)

診療および治療対象疾患

尿所見異常、腎機能障害に対する精査を行い以下の疾患の鑑別治療を行う

  1. 急性腎障害(AKI)
  2. 慢性腎臓病(CKD)
  3. 慢性腎炎(IgA腎症など)
  4. 急速進行性糸球体腎炎
  5. ネフローゼ症候群
  6. 生活習慣病とそれによる腎障害(糖尿病、高血圧症、高尿酸血症、脂質代謝異常症、肥満など)
  7. 遺伝性腎疾患(多発性嚢胞腎、Alport症候群、Fabry病など)
  8. 全身性炎症性疾患による腎障害(全身性エリテマトーデスや血管炎など)

主な疾患に対する治療内容

  1. IgA腎症に対する扁桃腺摘出術およびステロイドパルス療法
  2. ネフローゼ症候群に対する腎病理診断とその結果に基づくステロイドなどの免疫抑制療法
  3. 急性血液浄化療法(持続的血液濾過療法など集中治療管理)
  4. 慢性腎臓病に対する保存期治療および透析期の治療選択(血液透析療法、腹膜透析療法、移植医療)
  5. 透析合併症治療(透析用シャントPTA、透析アミロイドーシス、腹膜透析の腹膜炎など)
  6. 特殊な血液浄化療法(敗血症性ショック、全身性自己免疫疾患、炎症性消化器疾患など)

治療実績

腎炎の精査と治療件数

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
腎生検 36件 41件 44件 50件 36件 38件 50件 39件
IgA腎症に対する扁桃腺摘出術
およびステロイドパルス療法
13件 10件 10件 10件 12件 16件 14件 17件
2017年~2018年 腎生検による病理診断の割合

透析関連

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
血液透析導入 71件 74件 40件 69件 61件 50件 61件 52件
緊急透析導入 15件
(21.1%)
35件
(50.0%)
9件
(22.5%)
36件
(52.2%)
31件
(50.8%)
23件
(46.0%)
25件
(41.0%)
29件
(56.0%)
移植による離脱 4件
(5.6%)
4件
(5.7%)
2件
(5.0%)
6件
(8.7%)
5件
(8.2%)
4件
(8.0%)
0件
(0%)
1件
(1.6%)
維持透析への
移行
62件
(87.3%)
49件
(70.0%)
35件
(87.5%)
55件
(79.7%)
54件
(88.5%)
43件
(86.0%)
53件
(87.0%)
47件
(90.0%)
出張透析
(CHDFを除く)
96件 87件 75件 63件 75件 20件 28件 26件
出張透析
(CHDFを含む)
619件
シャントPTA* 119件 91件 97件 77件 86件 70件 71件 45件
腹膜透析導入 3件 3件 3件 3件 2件 1件 6件 5件
*シャントPTA:透析用ブラッドアクセス(シャント)経皮的血管形成術
2017年~2018年 透析導入疾患割合
お問い合わせ先
048-442-1111(代表)