病院のご案内
Hospital Information

安全な医療を目指して

戸田中央総合病院 医療安全管理室

戸田中央総合病院は、安全な医療を推進するために、医師、看護師、コメディカルならびに事務職員の全てが部署を超えて職域横断的な取り組みを行っています。医療現場では常に業務の改善をはかり、個々の職員の安全に対する意識付けや状況把握能力の育成に向けて組織的な活動を展開しており、安全確保の努力は医療の質の向上に繋がると考えています。

医療安全管理指針

医療現場では、不測の事態から患者さんの健康を損なう結果を招くことがあり、私たち医療者には、常に患者さんの安全を確保するための努力が求められています。しかし、医療の飛躍的な高度化・専門化により、医療者個々人の努力のみに依存した安全管理には限界があります。
戸田中央総合病院は、次に掲げる指針に基づき、各個医療者のみならず病院全体としての組織的な取り組みにより安全管理の強化推進をはかり、よって患者さんに安全な医療を提供します。

(1)人は誰でも間違えるという前提に基づいて対策をたてる

事故を絶対に起こさないよう注意を払っていても、誤りは必ず起こるものだという認識を前提に、手順(マニュアル)を整備して周知徹底するとともに、組織的な点検体制を確立して、間違えが事故につながらない環境を築く。

(2)事例から学ぶ姿勢をもつ

「間違え」事例を積極的に報告する意識を育成するとともに、報告できる職場環境を構築する。職場より報告された事例ばかりでなく他施設の事例からも学ぶことにより、幅広い再発予知能力を磨く。

(3)医療者間のコミュニケーションを大切にする。

医療チームにおいて医療者相互の確認と監視は必須であり、上下間や職種間の隔たり(コミュニケーションギャップ)を徹底排除する。業務上の報告・連絡・相談を円滑に行い、かつ役職や職域を越えて互いに意見が言い合える環境創りを安全確保の基本とする。

(4)医療の質を検証してその向上に努力する

進捗し続ける医療水準を的確に把握し、常に自施設の医療について比較検討する。医療者は自己の医療知識・技術の向上をはかるための努力を怠らず、病院組織はその支援体制を構築することによって、安全で質の高い医療の提供を実現する。

インシデント・アクシデント報告システム

医療の安全を確保するためには、インシデント(ヒヤリ・ハッとした出来事)やアクシデント(何らかの障害を引き起こした事故)の状況を充分に調査分析し、再発防止のために必要な情報と認識を病院全体で共有することが重要です。この目的を達成するために、全職員に対してインシデント・アクシデントが発生した場合はその報告書(レポート)の速やかな提出を要求しています。
収集された報告情報は、関係した当事者の責任を追及するのではなく、医療業務における手順、情報伝達、連携、環境、管理等に関連したインシデントやアクシデントを誘発する要因が存在していないかを検証するために用いられます。

医療安全組織体制

医療安全管理委員会

医療安全に関する諸問題を把握し、その分析と改善策の取りまとめを行う、医療安全に関する院内の最高決定機関です。

医療安全部会

医療安全管理室の下部組織であり、医療安全推進者(セイフティマネジャー)から選ばれた代表委員が中心となって職域横断的な事故防止システムの構築に係わる問題を検討し、「医療安全NOTICE」および「注意喚起」の作成、「医療安全対策マニュアル」の改定に携わります。
また、必要に応じ特定の診療プロセスについての指針を検討する諮問機関として医療安全小委員会を設置します。

医療安全推進者(セイフティマネジャー)会議

各部署に置かれた医療安全推進者(セイフティマネジャー)全員が参加し、医療安全に関わる情報交換を行うことによって安全意識の醸成と安全管理手法を学習します。

職場安全会議

各部署に所属または関連する全職員(医師、看護師、コメディカル、事務職)で構成され、医療安全推進者(セイフティマネジャー)によって統括されます。
医療安全NOTICEや注意喚起の周知徹底、医療安全管理室より報告(フィードバック)された医療事故事例を学習し防止対策を実施するとともに、現場からの提案や要望を取りまとめて医療安全管理室に報告します。

M&M検討会

重大有害事象あるいは死亡事例について、職種横断的にその事実確認と発生要因分析を行い、再発防止策を立案します。

患者相談窓口

患者さんやご家族からの医療安全に関する相談、苦情、不満、訴え等を、医療安全管理室に所属する相談員がお受けし、問題解決に向けて忌憚のないお話しを伺うとともに、安全管理室は必要に応じて事実関係の確認と改善策の検討を行い、その結果を報告いたします。

医療安全管理室

全病院的に医療安全を推進する実務機関として医療安全管理室が設置され、安全の確保と医療の質の向上を目的として活動しています。

医療安全管理室は、室長(医療安全統括管理者)、副室長(専従医療安全管理者)、兼任医療安全管理者、相談員および専従事務員で構成されています。

医療安全管理室は各職場に配置された医療安全推進者(セイフティマネジャー)を統括しており、医療安全管理体制の中核をなす病院長直轄の独立機関です。

安全管理体制 組織図

医療安全管理室 組織図

医療安全管理室の活動2016

    1. 委員会の開催
      • 医療安全管理委員会(12回)
      • 医療安全部会(12回)
      • 医療安全推進者(セイフティマネジャー)会議(11回)
      • 医療安全連絡会(28回)
    2. インシデント・アクシデント報告の収集(レポート数2079件)
    3. 職場安全会議フィードバック事例報告(No.89~No.100)
    4. インシデント・アクシデントレポートシステム(Clip)の再構築
      • Clipマイナーチェンジ(インデックスの整備・変更およびテンプレート改訂)
      • Good Job!レポート導入(毎月選定および大賞表彰)
      • 気づき発見報告書(紙媒体のインシデント報告書)改訂
      • M&Mカンファレンス報告改訂
      • NOTICE・注意喚起の再確認と一覧表新規作成
    5. 医療安全情報の発信
      • 「注意喚起」発行 1件(No.19)
      • 「医療安全ニュース」発行 5件(Vol.7~Vol.11)
      • 「知っておきたい!医療事故情報」発行 7件(No.12~No.18)
      • 「医療安全情報」周知 12件(No.112~123)
    6. 職員教育
      • 新入職者医療安全講習
      • 医療安全講習会(全職員対象)
      • 初期研修医医療安全研修
      • 医師医療安全研修(随時)
    7. 医療安全管理体制の整備と構築
      • 院内巡視活動
      • 医療安全対策マニュアル改訂
      • コールQQフローチャート改訂
      • 病理検体小委員会・予薬整備小委員会の設置、活動プラン作成
      • TMGレベル分類についてのアンケートおよび医療安全部会で審議。
        TMG医療安全部会に審議依頼。
        トリアージ再検討と事例追加表記の依頼と10事例列挙。
      • DNAR共通表示システムの構築
      • 暴言暴力対応のフローチャート作成、マニュアル改訂
    8. 院内死亡全例調査とM&M報告検証システムの構築
      • 医療安全管理委員会規定の改訂
      • M&Mカンファランスの開催支援(13件)
    9. 学会・講演会等
      • 「医療事故調査制度に向けた死亡事例検証システムの試み」(第42回医療と司法架橋研究会)
      • 「院内死亡全例調査システムの構築による医療安全管理の現況」(第66回日本病院学会)
      • 「医療の質安全管理における院内死亡全例調査システム導入の意義」(第11回日本医療の質・安全学会学術集会)
      • 「医療安全モニタリング情報システム-誤薬防止対策の介入効果-」(日本医療マネジメント学会2016年医療安全分科会)
      • 「医療安全管理における死亡全例調査の意義と課題」(第3回日本医療安全学会総会)
    10. その他
      • 医療安全推進週間キャンペーン(医療安全標語の院内ポスター掲示)
        『その気付き 未然に防ぐ 第一歩』
お問い合わせ先
048-442-1111(代表)