病院のご案内
Hospital Information

幹部挨拶

理事長のあいさつ

 当院は、昭和37年の開設以来、1都4県に医療・介護・福祉を展開する戸田中央医科グループ(TMG)の基幹病院として、グループ共通の理念である「愛し愛される病院」を目指して参りました。平成24年には創立50年の節目を迎えることが出来、これまで当院を支えていただいた皆様に感謝すると共に、気持ち新たに次なる50年へと歩みを進め始めました。

 確実に到来する超高齢社会、加速度的に変化する医療・介護・福祉環境の中で、当院の果たすべき役割を常に考えながら、埼玉県南部地域の急性期医療の一翼を担うべく尽力してまいります。TMGの”トータル・ヘルスケアグループ”への挑戦と共に、患者さまが安心して医療を受けられる環境を整え、皆様のご期待と信頼に応えられるよう努力してまいります。

戸田中央総合病院
理事長  中村 毅

院長のあいさつ

 戸田中央総合病院ホームページにアクセス頂き有難うございます。
 当院の理念は「愛し愛される病院」で、地域に密着した急性期病院として、「医療の質の向上」そして「チーム医療」を目指す病院として、皆さまのご期待に応えられるように、職員全員で日々努力しております。
 当院は急性期病院の使命から、救急は1次(帰宅可能な軽症患者さんに対する救急医療)、2次(一般病棟入院を要する患者さんに対する救急医療)を中心に、救急病棟も開設し集中治療室(ICU)、冠疾患集中治療室(CCU)への入院が必要な患者さんも対応しております。特に循環器内科での経皮的冠動脈インターベンション(PCI)、消化器内科での吐・下血に対する内視鏡的止血術、緊急手術等の外科的処置の必要な患者さんにも、常に対応できる体制を確立しています。さらには、埼玉県救急搬送困難事案受入(6号基準)、埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク(SSN)にも積極的に対応し、2018年度は6900件を超す救急受け入れをおこなっています。厚生労働省臨床研修病院として毎年8名の初期研修医を受け入れています。また、国の「地域がん診療連携拠点病院」にも認定されており、がん診療においてはダ・ヴィンチを含めた鏡視下手術、あるいは消化管内視鏡下粘膜剥離術も積極的に進めています。外来化学療法も整備し通院での化学療法の更なる充実を目指しています。2019年度には新館を建設し最新の「高精度放射線治療装置」の導入を決定し、2009年に開設しました緩和ケア病棟も新館へ移設予定となっています。さらに、腎移植をはじめ心臓外科手術、脳神経外科手術にも取り組んでいますが、詳細に関しましてはホームページの各診療科の特徴をご覧頂きご活用頂けるようにお願い致します。日本医療機能評価機構からの評価認定も5年毎に受審し2018年に更新をしています。
 当院はDPC対象病院ですので、今後はクリニカルパスの更なる運用をおこなうことで在院日数の短縮も視野に入れながら、患者さんと共に歩んでいく病院でありたいと願っております。各診療部門の特徴をご覧になり、当院に対する忌憚のないご意見を頂ければ幸いに存じます。

戸田中央総合病院
院長  原田 容治

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)