病院のご案内
Hospital Information

幹部挨拶

理事長のあいさつ

 当院は、1962(昭和37)年、埼玉県戸田町(現在の戸田市)の現所在地に29床の規模で開院しました。当初から24時間の診療体制を打ち出していた当院は、当時はまだ消防署がなかった旧・戸田町から依頼を受け、民間病院でありながら救急車を運用し、救急隊員も自前で育成して地域の救急医療を担っていました。以来、半世紀以上の時が流れるなか、大きな発展を遂げた戸田市と歩みを共にして成長を続けてきた当院は、“愛し愛される”(患者さまから、地域の方々から、そして職員から愛し愛されることをめざす)という理念のもと、地元・戸田市をはじめとする埼玉県南部地域の急性期医療の一翼を担うべく、日夜、尽力してまいりました。
 また、当院を基幹病院とする『戸田中央医科グループ』(TMG)は、埼玉・東京・千葉・神奈川・静岡の1都4県に29の病院と6つの介護老人保健施設をはじめ、クリニックや健診センター、訪問看護ステーションや特別養護老人ホームなど、合計117カ所の関連事業所を展開しており(2020年6月末現在)、首都圏の各地域において、医療・介護・保健・福祉サービスを総合的かつ一体的に提供する“トータル・ヘルスケアネットワーク”の確立に努めております。
 さて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が広がるなか、多くの企業・団体、さらには個人の皆さまより、マスク、フェースシールド等の医療用防御具や食料品など、心温まる物資のご援助、サービスのご提供を賜っておりますこと、さらには地域住民の皆さまより、われわれ医療従事者に向けてご声援やお心遣いを頂戴しておりますこと、改めまして心より厚く御礼を申し上げます。現在もなお、予断を許さない状況が続いておりますが、皆さまより賜りましたご支援、ご声援を励みとして、当院は今後もTMGの病院・施設、そして地域の医療機関・介護施設との強固な連携のもと、安心・安全で質の高い医療の永続的な提供に鋭意、取り組んでいくことで、地域の皆さまお一人おひとりの生涯に寄り添い続けてまいります。

戸田中央総合病院
理事長  中村 毅

院長のあいさつ

 戸田中央総合病院ホームページにアクセスいただき有難うございます。
 当院の理念は「愛し愛される病院」で、地域に密着した急性期病院として、「医療の質の向上」そして「チーム医療」をめざす病院として、皆さまのご期待に応えられるように、職員全員で日々努力しております。
 当院は急性期病院の使命から、救急医療は1次、2次を中心に、集中治療室(ICU)、冠疾患集中治療室(CCU)も適切に対応しております。循環器内科での経皮的冠動脈インターベンション(PCI)、消化器内科での吐・下血に対する内視鏡的止血術、脳神経内科・脳神経外科での脳卒中治療をはじめ、緊急手術等の外科的処置にも対応できる体制を確立しています。また、埼玉県救急搬送困難事案受入(6号基準)、埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク(SSN)にも対応し、2019年度は6800件を超す救急受け入れをおこなっています。また、国の「地域がん診療連携拠点病院」にも認定されており、ダ・ヴィンチを含めた鏡視下手術や内視鏡的粘膜下層剥離術も積極的に進めています。外来化学療法も通院での更なる充実をめざしています。一方、臨床研修病院として毎年8名の初期臨床研修医を受け入れています。2020年度からは新館(E館)で、最新の「高精度放射線治療装置」の導入と、緩和ケア病棟の移設も行っています。日本医療機能評価機構からの評価認定も5年毎に受審し2018年度に更新をしています。
 当院はDPC対象病院ですので、在院日数の短縮も視野に入れながら、患者さんと共に歩んでいく病院でありたいと願っております。

戸田中央総合病院
院長  原田 容治

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)