各部門の紹介

臨床工学科

主な業務内容

血液浄化

あらゆる種類の血液浄化療法を行っています。 血液透析(HD)・血液濾過透析(HDF)・持続的血液濾過透析(CHDF)及び血漿交換(PE)・血漿吸着・LDL吸着そして白血球除去療法(LCAP)などの血液浄化療法全般に対して24時間体制で対応しています。

ME中央管理室

院内貸出機器(人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・心電図モニタ等)を中央管理して使用前及び使用後点検・定期点検・修理&保守を行い、ME機器の履歴管理をすることで機器の運用状況を把握し故障などを未然に防止し安全な機器運用を目指しています。

手術室

心臓手術時に人工心肺装置・経皮的心肺補助(PCPS)・大動脈内バルーンパンピング(IABP)・自己血回収装置(セルセーバー)等の操作及び管理を行っています。また、泌尿器科手術では内視鏡手術支援ロボット手術チームの一員として装置の操作及び管理を行っています。

心臓カテーテル

心臓カテーテル室では経皮的冠動脈形成術やカテーテルアブレーションなどを行っています。それに伴い様々な装置(生体情報ポリグラフ、補助循環装置、3Dマッピングシステム等)の操作および管理を行いチーム医療の一員として業務を行っています。

高気圧酸素治療(HBO)

高気圧酸素治療とは、大気圧よりも高い気圧環境の中で高濃度の酸素を吸入させることによって病態の改善を図る治療です。適応疾患としては一酸化炭素中毒・突発性難聴・腸閉塞(イレウス)・骨髄炎・難治性潰瘍を伴う末梢循環障害などの症例の治療を行っています。

温熱療法(ハイパーサーミア)

がんの治療には外科(手術)・化学・放射線・免疫の各治療法があります。温熱療法は進行・再発がんの症状の軽減や生活の質(QOL:Quality of Life)の向上に大きく寄与し、延命効果にも大きな効果を発揮する治療として期待されています。

その他

平成20年4月より透析当直業務(ICUにおける持続血液浄化施行時)に加え、以下の業務拡大を含む当直体制を開始しました。

  1. 人工呼吸器装着患者の監視
  2. 緊急時の人工呼吸器・ME機器貸し出し対応
  3. 夜間の心カテ施行時における迅速対応
  4. PCPSを含めた救急外来業務の迅速対応
お問い合わせ先
048-442-1111(代表)