がん治療
Cancer treatment

緩和ケア病棟

チームでのかかわり

患者さんやご家族の様々なニーズにそえるよう、多職種の専門スタッフがかかわります。

fig19

スタッフ紹介

  • 常勤医 2名、非常勤医 2名、メンタルヘルス非常勤医 2名
  • 看護師(がん専門看護師、緩和ケア認定看護師を含む)
  • 病棟薬剤師
  • 病棟理学療法士、作業療法士、言語療法士
  • 心理カウンセラー
  • 社会福祉士
  • 栄養士

各患者さんについて、専門家の立場でいろいろな方向から、その方の希望に沿った治療やケアの計画を立てるのがカンファレンスです。当院緩和ケア病棟では、定時のカンファレンス以外にも、多職種でコミュニケーションを図りながら随時個々の患者さんに寄り添った治療やケアを提供しています。

病棟でのカンファレンス風景

医師ご挨拶

小林 千佳 (こばやし ちか)
診療科 緩和医療科
役職 部長、緩和ケア病棟施設長
出身大学 1987年 東京女子医科大学卒業、医学博士
所属学会 日本緩和医療学会、日本癌治療学会、日本泌尿器科学会(専門医)

泌尿器科専門医、指導医としてがんの患者さんの治療や在宅医療に関わり、緩和ケアを専門としてから10年を超えました。みなさんがどんな方なのかを知りたい、そのうえで、一緒にうれしいことを探し笑い合えるといいな、と思いながら診療にあたっています。より良い時間をお付き合いさせていただけるよう、スタッフと相談しながら治療やケアを計画していますので、ご質問やご希望は遠慮なくお伝えください。

病棟と設備のご紹介

病室:18床

  • 有料個室:9床(10,800円/日)
  • 無料個室:3床(希望や病状により交代で使用しています)
  • 多床室:6床(男女各3床)

明るく静かな環境で過ごしていただけるようにさまざまな工夫をしています。全てのベッドは電動ベッドでベッドサイドには冷蔵庫とテレビが備え付けられております。有料個室にはご家族が一緒に泊まれるよう、ソファベッドが完備されています。

病室の様子1 病室の様子2

デイルーム
患者さんをはじめ、ご家族が自由にお使いいただける空間です。季節の移り変わりを楽しんでいただけるよう、四季に応じた飾りつけを行っています。また、ゆっくりとくつろいでいただけるように、音楽を楽しめるオーディオセット、ビデオセット、マッサージチェアなどを備え付けております。

デイルームの様子1 デイルームの様子2 デイルームの様子3

病棟廊下「花と緑の小径」

病棟の廊下の様子

カウンセリング室
兼任のカウンセラーが3名おります。患者さんやご家族が、カウンセラーや看護師と落ち着いて話ができるように個室を設けております。

カウンセリング室の様子

ファミリーキッチン
各種食器や電子レンジ、オーブントースター、共用冷蔵庫などをそなえつけており、患者さん、ご家族が自由に利用できます。調理台(ガス)で、ご家庭の味を作っていただくこともできます。

ファミリーキッチンの様子

家族室
ご家族が宿泊できるお部屋で、ご希望により寝具をご用意します。1泊あたり2,160円かかります。

家族室の様子

緩和ケア病棟の日々

季節の行事について
季節の移りかわりを感じていただけるように、スタッフが年間を通し四季に合せた会を企画し、運営しております。デイルームで開催する季節の会、うたの会など、患者さんやご家族が楽しく過ごせるひとときになるよう工夫しています。

夏祭り

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)