各部門の紹介

リハビリテーション科

特徴

理念「心技体で心を救う」

  1. 出会った人々を大切にし、尊重し、自らの人間形成につなげる。
  2. 患者様のため、そして自分のため、積極的に専門的知識・技術を豊かにする機会を作る。
  3. 自らの健康管理に留意し、常に最高の状態で患者様に接する。

目標セラピスト像

  1. 患者様のQOL向上を最大目標とし、それにつながるADL、つまり患者様が意識をせず生活の一部となるような心地よいADLを提供できるセラピスト
  2. その実現のためにOT、ST、PTの専門知識・技術の向上に努め、さらに所属施設の特徴に対応できるセラピスト
  3. 既存の専門知識・技術を基に高次の認知情報処理、すなわち想像力と創造力を働かせ、治療の仮説モデルを作ることができるセラピスト
  4. そしてリハビリテーションプログラムの過程において他の専門職とのチームアプローチ、すなわち学際領域における協働を実現できるセラピスト

部門の実績

2018年度実績

PT(理学療法士) OT(作業療法士) ST(言語聴覚士)
脳血管 単位数 24,773 25,680 22,481
延べ人数 10,585 10,592 9,201
廃用症候群 単位数 38,750 4,355 21,019
延べ人数 18,218 1,752 8,866
運動器 単位数 27,841 1,819 0
延べ人数 10,594 703 0
呼吸器 単位数 1,177 12 0
延べ人数 593 6 0
心大血管 単位数 18,784 30 0
延べ人数 8,395 12 0
がん 単位数 12,852 1,727 1,932
延べ人数 6,986 867 874
合計 単位数 124,177 33,623 45,432
延べ人数 55,371 13,932 18,941
2018年度 PT 2018年度 OT 2018年度 ST

患者1人当たりの職種別提供単位数:2.3単位/日

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)