各部門の紹介

リハビリテーション科

主な業務内容

急性期のPT(理学療法)、OT(作業療法)、ST(言語聴覚療法)を行います。対象疾患は下記の通りです。

中枢神経疾患

脳出血、脳梗塞、神経難病、脊髄損傷等が対象です。
身体障害、高次脳機能障害、摂食・嚥下障害、言語障害等に対して、最大限の機能を発揮し、能動的に動けるようアプローチします。

廃用症候群

肺炎や外科の術後等によって生じた廃用症候群の方に対して、QOLQuality of Life 生活の質)向上を最大目標とし、それにつながるADLActivities of Daily Living 日常生活動作)に対してアプローチします。

整形外科疾患

上肢・下肢骨折、変形性関節症、脊椎・脊髄疾患、切断等が対象です。
中枢神経疾患に対するアプローチの考え方と、整形外科疾患に対するいわゆる徒手療法的アプローチとの調和・融合をテーマに考えながらアプローチしています。

呼吸器疾患

急性呼吸不全および慢性呼吸器疾患の呼吸リハビリテーションを行っています。

循環器疾患

虚血性心疾患、弁膜疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患、心不全等の心臓リハビリテーション及び周術期呼吸リハビリテーションを行っています。
*自転車エルゴメーターやトレッドミルを使った外来心臓リハビリテーションも実施しています。

心臓血管センターのページへ

がん疾患

肺癌、胃癌、悪性腫瘍、悪性リンパ腫等のがん疾患の方に対して、QOL向上を最大目標とし、それにつながるADLに対してアプローチします。

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟入院中の方に対しては、苦痛の軽減によるQOLの向上を考慮したリハビリを行っています。ご希望に合わせて、余暇活用としての作業活動も行っています。

音声外来

声がかすれる、つまる、出にくい等、声に関する全ての疾患の方を対象に、耳鼻科医と連携して、音声リハビリテーションを行います。

音声外来のページへ

骨盤底筋リハビリ外来

泌尿器科医と連携して、骨盤底筋リハビリを行っています。
骨盤底筋を鍛えることで、尿もれ・臓器脱の改善や予防に効果があります。また、姿勢が良くなったり、バランスが良くなって転びにくくなるなど、身体機能への効果もあります。

reha_room

その他

施設基準

  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 摂食機能療法

他部門との連携

カンファレンス
定期的に各診療科とのカンファレンスを行っています。

回診
脳神経外科、脳神経内科、整形外科、NST(栄養・嚥下)、RST(呼吸器)、DST(認知症)、緩和の回診に参加しています。

糖尿病教室

内科、栄養科、検査科、薬剤科と連携して、糖尿病の方に対して、生活指導および運動指導を行っています。

腎ケア外来
腎臓内科、看護部、栄養科、薬剤科と連携し、保存期糖尿病性腎症の方に対して、生活指導および運動指導を行っています。

地域に向けた活動

戸田・蕨地域リハビリテーション研究会
戸田市、蕨市の近隣地域で、リハビリテーションや介護にかかわる同業種の方々との情報交換、連携確立を目標に、研究会を行っています。
会場は戸田中央リハビリテーション病院です。

ちえぞうサロン
認知症の方やそのご家族、認知症に興味のある方を対象に、疾患に対する知識の向上や情報交換、認知症予防体操などを行っています。
会場は戸田中央リハクリニックです。

お問い合わせ先
048-442-1111(代表)