各部門の紹介

薬剤科

がん薬物療法

薬剤師外来

外来で点滴抗がん薬による治療を受ける方を対象に、専門的な知識を有する薬剤師が医師の診察前面談を行っています。

患者さんとの面談で得られた情報を医師・看護師等と共有し、安心安全な抗がん薬治療を行えるよう努めています。必要に応じて薬の専門家としての立場から医師へ投与量の調節や処方提案等を行っています。

また、レジメンシールを通じて薬局の薬剤師さんと連携し、患者さんの抗がん薬治療をサポートしています。

薬剤 薬物療法 がん 化学療法 薬剤 薬物療法 がん 化学療法 薬剤 薬物療法 がん 化学療法

外来化学療法室

外来化学療法室併設のミキシングルームにて、安全キャビネットを使用して院内の抗がん薬を調製しています。調製時には薬剤師も採血データや処方内容を確認した後に、複数の薬剤師で確認を行いながら正確に抗がん薬を調製しています。

研修施設

当院はがん専門薬剤師研修施設(基幹施設)、がん薬物療法認定薬剤師暫定研修施設、がん診療病院連携研修施設等に認定されており、当院のスタッフおよび保険薬局薬剤師の育成にも力を注いでいます。

がん化学療法レジメン

戸田中央総合病院がん化学療法レジメンをご覧いただく前に

戸田中央総合病院がん化学療法レジメンは、戸田中央総合病院の化学療法委員会で審査・承認されたレジメンです。これは保険薬局薬剤師が、がん治療を受ける患者さまの薬剤管理指導や有害事象のモニタリング等に活用することで、質の高いがん化学療法を提供するために公開するものです。

本資料は上記以外の目的での使用は想定しておりません。

なお、患者さまの状態等によって、投与量・投与スケジュール等は変更になることがあります。また、事前連絡なく、後発品へ変更する場合があります。

 ・お薬手帳用レジメンシールの確認方法はこちら
 ・当院採用・頻出抗がん薬略称一覧はこちら
お問い合わせ先
0570-01-1114