病院のご案内
Hospital Information

病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10(※1)別患者数
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1. 年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢階級別退院患者数は、令和3年度に退院した患者様の年齢を10歳刻みごとに集計した患者数です。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 513名 167名 264名 270名 669名 1063名 1231名 2239名 1628名 333名
【定義】
令和3年度退院患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
【特徴】
全退院患者数は8377名になります。70代が最も多く、約27%を占めています。10歳未満も513名の入院と、幅広い年代構成となっています。当院は急性期病院として入院加療を必要とする多くの患者様に医療を提供できるように平成30年度より25床増床し、517床になりました。また、令和2年3月には、新たに放射線治療装置を導入・整備致しました。これにより従来から行ってきた標準治療に加えて高精度放射線治療まで様々な治療が可能となりました。令和2年9月には地域医療支援病院に承認され、地域住民、地域医療機関と密着した医療の提供に努めています。
2. 診断群分類別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診断群分類別患者数等は、各診療科が多く取り扱っている疾患について上位5位までの患者数、平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。平均在院日数は自院と全国を比較することで効率的に診療を行っているかを評価することができます。転院率は各疾患ごとの全退院数における他病院への転院患者数割合を示しています。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 159名 3.05日 2.65日 0.00% 67.57歳
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)等 101名 8.93日 9.21日 0.99% 74.30歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 42名 8.69日 9.00日 2.38% 68.45歳
060102xx99xxxx 憩室炎、憩室出血等 41名 6.49日 7.70日 0.00% 58.51歳
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 37名 6.73日 7.96日 0.00% 76.41歳
日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会の指導施設病院として、地域に密着した急性期病院の消化器内科の役割を果たすべく、積極的に高度な医療提供を行っております。消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)疾患、肝・胆・膵疾患、門脈圧亢進症など、すべての消化器疾患の診断と治療を行っております。同じ臓器を担当する消化器外科とは合同カンファレンスなども行い、カンファレンス以外の日常臨床においても密に連携を図っており、患者様一人一人の疾患(病態)に合った治療の選択を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア ヘルニア手術等 89名 3.89日 4.74日 0.00% 69.29歳
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 45名 5.40日 5.40日 0.00% 38.38歳
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 34名 7.50日 7.11日 0.00% 52.47歳
060035xx010x1x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術等 イレウス 27名 30.00日 25.22日 3.70% 71.22歳
060035xx010x0x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 26名 13.27日 15.76日 0.00% 67.08歳
胃癌、大腸癌、肝臓癌などの悪性疾患や虫垂炎(盲腸)、ヘルニア(脱腸)、胆石症、消化管穿孔(腹膜炎)など良性疾患に対して手術療法を中心とした治療を行っております。早期胃癌、一部の高度進行癌を除く大腸癌、胆石症、胆嚢炎に対しては侵襲の少ない腹腔鏡手術を施行しております。さらに、手術療法以外でも放射線、化学療法などの集学的な治療も行っています。多くの疾患に対してクリニカルパスを導入しており、治療の過程を明確にして安全で合理的な医療の提供を行い、早期退院できるように努めています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症 経皮的冠動脈形成術(PCI) 160名 4.11日 4.36日 0.00% 67.24歳
050050xx9910xx 狭心症 心臓カテーテル(CAG) 99名 3.19日 3.06日 0.00% 68.70歳
050130xx9900xx 心不全 91名 20.48日 17.35日 1.10% 80.77歳
050070xx01x10x 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション) 人工呼吸 71名 5.62日 6.84日 0.00% 65.51歳
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 59名 9.29日 10.24日 1.69% 79.80歳
最も多い疾患の狭心症に対する治療のひとつである経皮的冠動脈形成術(PCI)は、常勤医師に日本心血管インターベンション治療学会認定指導医・専門医の認定を有する医師がいますので、より専門性の高い治療を行える体制を整えています。
また、不整脈に関しても経皮的カテーテル焼灼術の実績があり冠動脈疾患のみならず循環器領域の幅広い疾患に対応し、今年度よりFFRCT(冠動脈CTを用いた精密診断)やFFRangioを導入しより精度の高い診断治療を行える環境を整えております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 21名 1.43日 2.75日 0.00% 64.38歳
050080xx0101xx 弁膜症 弁置換術等 中心静脈注射等 17名 12.76日 21.93日 0.00% 66.47歳
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 13名 13.62日 11.06日 0.00% 74.15歳
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術 12名 10.75日 16.11日 0.00% 67.83歳
050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)等 CVまたは人工呼吸器 - - 28.08日 - -
狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、近年増加している心臓弁膜症、大動脈疾患、先天性疾患など幅広い心臓大血管疾患を対象としております。体への侵襲が少ないとされるMICS手術、ステントグラフト内挿術などを行っており、より入院期間が短くなる傾向にあります。術前からの全身管理や術後早期から心臓リハビリテーションを行うことで、回復が早く早期退院ができるよう努めております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 114名 31.10名 25.32日 30.70% 81.91歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 60名 5.17名 4.99日 0.00% 51.97歳
07040xxx01xxxx 股関節症 人工関節置換術 40名 23.20名 20.63日 15.00% 68.78歳
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 37名 22.70名 23.02日 2.70% 70.11歳
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 骨折観血的手術 37名 3.95日 5.99日 0.00% 47.38歳
外傷疾患、関節疾患、脊椎疾患、スポーツ障害、骨粗鬆症など幅広い整形外科疾患に対して、地域の開業医の先生方と協力しながら最良の医療を提供しています。大学より毎週脊椎、腫瘍、手の外科、関節疾患など各スペシャリストによる専門外来も行っており、対応できる疾患の幅も広がってきております。
開放、小児骨折をはじめとして、緊急性を要する疾患に対しては迅速に対応し、手術が必要な症例には麻酔科医と協力して速やかに処置を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎臓病 30名 12.73日 10.39日 6.67% 66.87歳
110280xx9901xx 慢性腎臓病 血液濾過透析 16名 12.13日 13.74日 0.00% 62.25歳
110260xx99x3xx ネフローゼ症候群 リツキサン 16名 4.25日 4.99日 0.00% 48.00歳
110280xx02x1xx 慢性腎臓病 内シャント又は外シャント設置術 血液濾過透析 13名 44.08日 34.08日 7.69% 62.46歳
110280xx9902xx 慢性腎不全 腹膜灌流 連続携行式腹膜灌流 - - 8.75日 - -
慢性腎臓病(CKD)の、腎炎から透析療法に至るまでの慢性疾患を有する幅広い病態に応じた加療と、急性腎不全や急速進行性腎炎および急性血液浄化療法などに対する急性期の加療に力を入れています。
①の症例は安定した血液維持透析患者に対する一般的な血液透析を行っている場合および血液浄化療法を施行していない保存期の腎臓病の症例です。
②、④、⑤の血液濾過透析は透析困難症や長期透析による様々な合併症を有する腎臓病に対して施行しています。
内シャント設置術は外来で施行することが当院の基本方針となっているため、入院後に内シャント設置術を行っている患者様は、緊急透析を要する重症症例となります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺針生検法 156名 2.27日 2.50日 0.00% 70.51歳
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 97名 8.11日 7.02日 0.00% 74.10歳
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 60名 10.45日 8.23日 0.00% 73.52歳
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 60名 5.05日 5.56日 0.00% 59.62歳
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 45名 12.18日 11.63日 0.00% 69.11歳
泌尿器科腫瘍(腎がん、膀胱がんなど)、尿道、前立腺疾患(前立腺肥大症、尿道狭窄など)を中心に、泌尿器科全般にわたって診療しています。手術によって根治性の期待される疾患に対しては、積極的に内視鏡的手術治療を行っております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン 48名 22.92日 15.63日 16.67% 68.38歳
010110xxxxx4xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー ガンマグロブリン 39名 34.92日 16.11日 7.69% 65.51歳
010060x2990411 脳梗塞 エダラボン てんかん等 16名 21.06日 17.48日 6.25% 76.50歳
010230xx99x00x てんかん 13名 12.46日 7.22日 0.00% 57.54歳
010060x2990201 脳梗塞 脳血管疾患等リハビリテーション 12名 23.17日 15.57日 0.00% 72.25歳
入院される患者様の過半数は脳梗塞の方です。脳梗塞症例に関しては、救急部の医師と連携し頭部CT、MRIを行い早期の診断、治療を心がけております。
当院がある埼玉県南部医療圏は、慢性期・回復期病院が他医療圏比較すると少なく、当科で症例数の多い脳梗塞の患者様の転院先受け入れ待ち等で入院期間が長期化する場合がございます。しかし、当院ではリハビリスタッフを71名体制(2022年9月1日現在)で整えており、自宅退院へ向けたリハビリも積極的に行っております。また、近隣には当グループのリハビリテーション病院やリハビリクリニックもございますので、近隣施設とも密に連携を図り、退院調整を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 動脈造影カテーテル法 29名 3.38日 2.99日 0.00% 59.62歳
010020x099x0xx くも膜下出血 27名 2.37日 8.46日 0.00% 55.15歳
010040x099000x 脳内出血(JCS10未満) 27名 21.04日 18.90日 25.93% 63.00歳
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン 25名 16.88日 15.63日 12.00% 66.48歳
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 21名 8.62日 8.30日 9.52% 57.05歳
脳梗塞、脳動脈瘤、慢性硬膜下血腫等の疾患を受け入れており、疾患の重症度を問わず広範領域の脳神経外科疾患に対応しております。当院は256列のCTと3.0T(テスラ)のMRIを導入しており、より精密な検査かつ診断を行える体制を整えております。また、当院は超急性期血栓溶解療法(t-PA)、及び機械的血栓回収療法を常時実施されている施設に指定されております。夜間は脳神経外科または脳神経内科の当直医師を配置し、24時間対応できる体制を整えております。また、2018年度より埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワークの基幹病院にも指定され、脳卒中症例の受け入れ強化に努めております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術 32名 9.66日 11.55日 0.00% 57.03歳
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 22名 8.23日 9.46日 0.00% 47.09歳
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 16名 9.56日 12.38日 0.00% 50.69歳
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)開腹によるもの 14名 8.64日 9.86日 0.00% 44.21歳
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 12名 5.83日 8.31日 0.00% 71.92歳
当科は2020年10月に開設され、当初より婦人科の中でも悪性腫瘍の診断から緩和治療、骨盤脱の診断から患者指導や手術療法に及ぶ領域に特化して診療を行っております。近隣の医療機関へのアナウンスも浸透するようになっており、さいたま市や朝霞市からも紹介を受けるようになってきています。それでも科内人員との関係により、良性腫瘍についてはグループ内や近隣施設へ協力を依頼し手術症例を紹介している状態となっております。常に安全な手術運用に心がけているだけでなく、臓器関連の他科への依頼を迅速にすることにより、より効率よく入院期間短縮に寄与することができております。入院予定のほぼ8割の症例にクリニカルパスを適用しており、そのほとんどがDPC期間Ⅱまでの範囲内で退院できております。また、効率を図るために定期的に内容変更をするように心掛けております。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(内視鏡下によるものを含む。))等 44名 7.75日 10.15日 0.00% 61.75歳
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 11名 3.09日 5.88日 0.00% 55.55歳
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 化学療法 - - - -
090010xx97x2xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術 放射線療法 - - - -
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - - -
当院はブレストケアセンターを設立し、日本乳癌学会認定施設として、乳腺疾患の診断、治療および乳がん検診を行っております。乳がん検診では乳がんの疑いのある方を対象に精密検査を行い、早期の乳がんの発見に努め、乳がんと診断された方には、手術、術前・術後化学療法、内分泌療法、対症療法など、その人に合った効果的な治療を行っております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 64名 30.53日 13.14日 7.81% 78.63歳
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 64名 37.63日 20.57日 1.56% 86.75歳
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病 インスリン注射 56名 13.30日 14.41日 0.00% 61.18歳
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 27名 11.93日 13.12日 3.70% 72.96歳
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 25名 24.44日 18.42日 0.00% 74.60歳
高齢の誤嚥性肺炎・肺炎、尿路感染症の患者様は入院期間が長期化傾向にあります。そのため当院では退院支援部門として、病棟担当性のMSW(医療ソーシャルワーカー)と専従の退院支援看護師を配置し、各患者様のニーズに合わせ自宅退院や転院等の退院支援を行っております。
また、当院は糖尿病認定教育施設に指定されており糖尿病関連領域において急性期、慢性期とも即時の対応が可能となっております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 19名 14.42日 10.47日 0.00% 71.84歳
040200xx99x00x 気胸 12名 8.33日 9.28日 0.00% 49.17歳
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 12名 14.33日 9.86日 0.00% 38.08歳
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 7.90日 - -
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法 - - 9.07日 - -
肺がんと気胸を主に取り扱っており、手術適応と判断される場合は根治を目指した外科手術を行っております。患者様一人一人に合った適切な治療の選択に心がけております。術前化学療法、放射線療法などを行い、腫瘍を退縮させてから切除を行うこともあります。
*10症例未満は「-」で表示しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 水晶体再建術(両眼) 135名 2.47日 4.83日 0.00% 76.59歳
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 水晶体再建術(片眼) 133名 1.86日 2.71日 0.00% 71.47歳
020160xx97xxx0 網膜剥離 硝子体茎顕微鏡下離断術 23名 4.78日 8.48日 0.00% 65.83歳
020240xx97xxx0 硝子体出血等 硝子体茎顕微鏡下離断術 17名 2.88日 5.36日 0.00% 71.24歳
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 硝子体茎顕微鏡下離断術、水晶体再建術 11名 3.73日 6.14日 0.00% 72.73歳
当科で最も症例数が多いのは、白内障の患者様です。白内障手術は、1泊または日帰りで数多く手術を行っております。(日帰り手術は、合併症が危惧される場合や、全身的に問題のある方は除きます。)網膜剥離や糖尿病網膜症による硝子体出血、黄斑上膜・黄斑円孔などの黄斑疾患への手術も対応しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030390xx99xxxx 顔面神経障害 48名 8.00日 9.01日 0.00% 54.96歳
030428xxxxxxxx 突発性難聴 46名 7.35日 8.75日 0.00% 54.11歳
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍 手術なし 34名 6.59日 5.71日 0.00% 37.53歳
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍 扁桃周囲膿瘍切開術等 29名 7.41日 8.50日 0.00% 33.03歳
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍 口蓋扁桃手術 28名 8.46日 8.62日 0.00% 28.07歳
緊急入院が必要な深頚部感染症、喉頭浮腫、突発性難聴、顔面神経麻痺等の急性疾患に対して、スピーディな対応にて適切な治療を行います。
当科は耳科疾患、鼻・副鼻腔疾患、咽喉頭疾患、頭頸部腫瘍、音声障害、嚥下障害等を診ております。音声障害は手術のみならずリハビリを含めた治療を行っています。より専門性の必要な疾患につきましては、大学病院と連携して診療させていただいております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 蜂窩織炎 17名 13.94日 13.07日 0.00% 65.59歳
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11名 9.55名 9.22日 9.09% 75.27歳
050170xx0320xx 閉塞性動脈疾患 四肢の血管拡張術・血栓除去術、断端形成術 - - 51.34日 - -
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍 手術あり - - 9.61日 - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり - - 24.37日 - -
蜂窩織炎、帯状疱疹、水疱症、薬疹等の入院治療を行っております。また、皮膚良性腫瘍、局所麻酔下の皮膚悪性腫瘍の手術も行っており、クリニカルパスも活用しています。
*10症例未満は「-」で表示しております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷 鼻骨骨折整復固定術等 18名 4.72日 5.16日 0.00% 43.67歳
180060xx97xxxx 皮膚腫瘍 手術あり 11名 6.36日 6.18日 0.00% 36.55歳
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 - - 5.49日 - -
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外) 手術あり - - 34.28日 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂症手術 - - 2.94日 - -
形成外科とは身体に生じた組織の異常や変形、欠損等に対して、様々な手法や特殊な技術を駆使して、機能のみならず形態的により正常に、そして美しくすることによって、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上に努める外科系の専門領域です。小さなお子さんからご高齢者までのすべての方々に対し、“患者様に優しい医療”を信条に、安全で根拠に基づく適切で質の高い医療を提供させて頂きます。
*10症例未満は「-」で表示しております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 小児食物アレルギー負荷検査 91名 1.03日 2.13日 0.00% 3.16歳
040100xxxxx00x 喘息 83名 7.35日 6.24日 0.00% 2.29歳
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 36名 3.89日 5.53日 0.00% 4.53歳
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 35名 1.51日 2.35日 0.00% 6.06歳
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 33名 6.61日 5.83日 0.00% 1.18歳
当院では、日本アレルギー学会の認定教育施設の認定を受け、アレルギー専門医を揃え、アレルギー外来だけでなく、一般外来でも専門医による指導を受けられる体制を整えています。また、当院では近隣の大学病院と協力し、専門外来も設けており、低身長、気管支喘息、食物アレルギー、ネフローゼ症候群、IgA腎症、血管性紫斑病、炎症性腸疾患、先天性心疾患などの慢性疾患の検査、治療を行っています。
3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発の実患者数を示しています。 「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指しています。「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指しています。StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病気を表します。

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 44名 - - 32名 - 13名 1 8
大腸癌 30名 25名 48名 44名 34名 17名 1 8
乳癌 15名 24名 - - - - 1 8
肺癌 13名 - 20名 51名 - 13名 1 8
肝癌 - - - - 29名 19名 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成27年4月より国より地域のがん診療連携拠点病院の認定をいただいております。上記5大がんに関しては、手術(腹腔鏡、内視鏡、他)、抗がん剤治療、放射線治療が可能であり、緩和ケア病棟も有しております。医師だけでなくがん専門の薬剤師、看護師などの配置を行い、チーム医療を行っています。
癌の診断検査目的の場合、入院中に進行度が確定せずStage不明となります。
*10症例未満は「-」で表示しております。
4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コード(※1)がJ13~J18で始まるものに限定し、成人(20歳以上)の市中肺炎(※2)の患者さまについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。重症度は、成人市中肺炎(※2)診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)(※3)により分類しています。

※1 ICD10(疾病および関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)とは異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。(引用元:厚生労働省HP 疾病、傷害及び死因の統計分類)
※2 市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。肺結核、院内肺炎、日和見肺炎、閉塞性肺炎、嚥下性肺炎慢性下気道感染症の急性増悪などを充分に識別する必要があります。
※3 重症度分類システム(A-DROP)
①男性70歳以上、女性75歳以上
②BUN以上21または脱水あり
③SpO2(酸素飽和度)90%以下
④意識障害(肺炎に由来する)
⑤血圧(収縮期)90mmHg以下
上記5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。軽症=0点の場合、中等度=1~2点の場合、重度=3点の場合、超重度=4~5点の場合(ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症度とする)、不明=重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎について147名の患者様を受け入れておりますが、当院はCOVID-19の受け入れ指定病院に該当しており入院契機がCOVID-19の疑いの方が多く、入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎となる患者様が10症例未満のため「-」で対応しております。
また、当院では高齢者の肺炎が増加しており入院期間も長期化しておりますが、早期の離床を目指したリハビリの実施や呼吸ケアチームによる回診で合併症や重症化に対する予防を心がけております。退院支援部門として、病棟担当のMSW(医療ソーシャルワーカー)と専従の退院支援看護師を配置し、各患者様のニーズに合わせ自宅退院や転院等の退院支援を行っております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
5. 脳梗塞のICD10(※1)別患者数ファイルをダウンロード
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。また、それぞれ発症から3日以内の入院とその他に分けて集計しています。転院率は病型ごとの全退院数における他病院への転院患者割合を示しています。
※1 ICD10(疾病および関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)とは異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。(引用元:厚生労働省HP 疾病、傷害及び死因の統計分類)

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 235名 29.29日 74.04歳 37.05%
その他 16名 25.31日 74.88歳 1.59%
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。発症から3日以内の入院とその他に分けて集計しています。転院率は全退院数における他病院への転院患者割合を示しています。
集中治療室(ICU)10床、CT・MRI等の医療機器を有し、超急性期血栓溶解療法(t-PA)にも対応しております。夜間は脳神経外科または脳神経内科の当直医師を配置し、24時間対応できる体制を整え、脳神経外科・脳神経内科・救急科による早期診断・治療を行っております。回復期リハビリテーション病院を併設しており、早期退院できる体制を整えております。埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワークの基幹病院に指定、2019年9月、日本脳卒中学会より一次脳卒中センター(PSC)として認定、2020年に11月24時間体制で血栓回収療法が可能なPSCコア施設として委嘱し、脳卒中症例の受け入れ強化に努めております。また、今後脳卒中ケアユニット(SCU)の開設を予定しております。(2022年10月1日現在)
6. 診療科別主要手術別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科別主要手術上位5位の患者数、術前および術後の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。転院率は術式ごとの全退院数における他病院への転院患者割合を示しています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 88名 1.30日 1.13日 0.00% 55.24歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 58名 1.43日 4.43日 0.00% 55.17歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 46名 4.48日 13.20日 0.00% 68.30歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 45名 0.38日 4.02歳 0.00% 38.38歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21名 1.00日 1.14歳 0.00% 66.57歳
多くの症例でクリニカルパスを導入しております。クリニカルパスを用いることによって、治療の過程を明確にして安全で合理的な医療の提供を行えるように努めております。また、がん診療連携拠点病院の認定を受けており、がん患者様に対する手術も積極的に行っております。
また当院は、消化器内科・消化器外科で密に連携を図っていることもあり、患者様の疾患(病態)によっては消化器内科の入院を継続したまま、消化器外科へ転科し手術する場合もございます。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-6 下肢静脈瘤血管内塞栓術 16名 0.00日 0.00日 0.00% 69.31歳
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 13名 3.00日 8.15日 0.00% 69.15歳
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 12名 0.00日 0.00日 0.00% 61.25歳
K5551 弁置換術 1弁のもの 11名 3.82日 12.36日 0.00% 72.55歳
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの - - - - -
下肢静脈瘤の手術では、ラジオ波を使用した血管内手術よりも体への侵襲が少ないとされるNBCAを用いた静脈塞栓術を積極的に行っており、術後の回復がより一層早くなっております。
冠動脈疾患では、人工心肺を使わない事で身体への侵襲の少ない“心拍動下冠動脈バイパス手術”を第一選択としています。患者さんのリスク、状態をよく吟味し、心機能の低下した患者さんでは、人工心肺を使って僧帽弁や左室に対しても積極的に手術を行なっております。
胸部大動脈瘤、急性大動脈解離などに対して、出血が見込まれる手術では術前からの自己血貯血を行い、他家輸血使用を軽減する取り組みも行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 骨折観血的手術(上腕、大腿) 95名 4.97日 21.39日 46.32% 74.33歳
K0821 人工関節置換術(股、膝) 82名 2.95日 19.32 13.41% 69.50歳
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 67名 2.34日 6.39日 5.97% 58.07歳
K0811 人工骨頭挿入術(股) 43名 6.26日 21.30日 48.84% 82.81歳
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手、足、指) 42名 2.02日 3.88日 2.38% 49.79歳
骨折等の手術後にはリハビリテーション療法が必要なケースが大半を占めますが、近隣にはリハビリテーション病院や外来リハビリ専門クリニックがあり、完治へ向けて地域と連携体制を整えております。
当院がある埼玉県南部医療圏は、慢性期・回復期病院が他医療圏比較すると少なく、手術後転院先の受け入れ待ち等により在院日数が長期化する場合がございます。しかし、当院ではリハビリスタッフを71名体制(2022年9月1日現在)で整えており、自宅退院へ向けたリハビリも積極的に行っております。また、近隣には当グループのリハビリテーション病院やリハビリクリニックもございますので、近隣施設とも密に連携を図り、退院調整を行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 61名 2.13日 5.18日 0.00% 74.15歳
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 59名 1.73日 2.92日 0.00% 60.17歳
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 47名 3.43日 6.94日 0.00% 74.15歳
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 45名 1.67日 9.51 0.00% 69.11歳
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 36名 2.25日 4.53日 0.00% 74.03歳
当院はがん診療連携拠点病院であることと、ダヴィンチ(手術支援ロボット)導入施設であり、積極的にがんに対する手術を行っております。
当院の前立腺がん治療においては2014年3月より手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi (da Vinci Surgical System)」(米国Intuitive Surgical社)を導入、2020年3月より「ダ・ヴィンチX」を導入しております。本装置を導入したことにより、前立腺がん手術がこれまで以上に正確に行えるようになり、より体の負担が少なく、かつより合併症の少ない手術ができるようになりました。また、 前立腺特異抗原(PSA)の普及により、前立腺癌の早期発見率が向上しており、前立腺全摘術による根治の可能性が高くなっております。 前立腺がんに対するホルモン療法、化学療法も色々な組み合わせで行っており奏功する例も増えてきております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26名 0.69日 16.92日 23.08% 78.42歳
K1781 脳血管内手術 1箇所 22名 2.09日 32.64日 31.82% 65.14歳
K178-4 経皮的脳血栓回収術 14名 0.00日 32.71日 57.14% 79.86歳
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの - - - - -
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -
脳腫瘍や脳動脈瘤などの頭蓋内病変は高度な医療技術が要求されますが、当科は高度急性期病院として各種の医療機器の使用だけでなく、複数の診療部門から構成されるチーム医療を提供しています。また機能障害を有する症例では、術後の療養期間を要することも多く、手術前からリハビリテーションを実施し、早期の病状回復に努めております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 32名 1.06日 7.69日 0.00% 57.38歳
K877 子宮全摘術 21名 1.00日 6.71日 0.00% 51.43歳
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 19名 1.11日 7.32日 0.00% 49.11歳
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 15名 1.27日 6.40日 0.00% 44.07歳
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 11名 1.00日 4.45日 0.00% 46.73歳
当科は婦人科に特化しており、中でも悪性腫瘍(子宮頸がん・子宮内膜がん・卵巣がん・その他)と骨盤臓器脱の治療に力を入れております。また、近隣の婦人科施設でも全身状態が悪い患者の加療依頼を受けることもあり、その際良性腫瘍に関するものもあるため相対的に症例も多くなる傾向にあります。腹腔鏡手術においても開腹手術より入院日数が平均3日間は短縮されているので病床の回転も良くなっております。診療科別症例数上位5位までの表には載っていませんが、メッシュを使用した腹腔鏡下の骨盤臓器脱手術も行っており、年々紹介数も増えてきております。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 27名 1.00日 5.04日 0.00% 62.85歳
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 14名 1.00日 7.57日 0.00% 58.29歳
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 11名 1.00日 1.09日 0.00% 55.55歳
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) - - - - -
K4766 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施するもの - - - - -
乳がんと診断された方には、手術、術前・術後化学療法、内分泌療法、対症療法など、その人に合った効果的な治療を行っております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 15名 2.80日 11.40日 0.00% 71.20歳
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 13名 7.46日 5.23日 0.00% 38.69歳
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 - - - - -
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - -
K5041 縦隔悪性腫瘍手術(単純摘出) - - - - -
完全鏡視下肺葉切除術を積極的に行っており、原発性肺がんや転移性肺腫瘍などに対し、腫瘍進行度と悪性度及び患者様の耐術能を吟味した術式選択を心がけ手術を行っております。また、若年の男性に突発的に生じることが多い自然気胸の再発率を下げる目的のため、胸腔鏡下切除も行っています。
*10症例未満は「-」で表示しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 262名 0.00日 1.19日 0.00% 74.01歳
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 49名 0.18日 3.47日 0.00% 65.96歳
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 15名 0.07日 2.87日 0.00% 70.33歳
K2686 緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの - - - - -
白内障手術は、クリニカルパスを利用し1泊または日帰りで退院されます。(日帰り手術は、合併症が危惧される場合や、全身的に問題のある方は除きます。)また、網膜硝子体手術は糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑変性、網膜剥離、硝子体出血などを始めとして、網膜硝子体疾患全般に渡っております。特に、視力にとって最も大切な黄斑部網膜の疾患に対する硝子体手術では小切開手術により、低侵襲、短時間手術により早期視力回復、社会復帰が可能となっております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 44名 1.11日 6.23日 0.00% 27.45歳
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 28名 0.14日 6.36日 0.00% 33.21歳
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17名 1.18日 6.53日 0.00% 61.24歳
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
当科での手術の大半は、クリニカルパスを導入しています。クリニカルパスを用いることによって、治療の過程を明確にして安全で合理的な医療の提供を行えるように努めています。 慢性副鼻腔炎等の副鼻腔疾患に対してはナビゲーションシステムを用いた手術を積極的に行っており、安全で負担が少ない手術を目指しています。
*10症例未満は「-」で表示しております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 135名 1.33日 1.67日 0.00% 68.90歳
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 71名 1.13日 11.18日 2.82% 77.45歳
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 64名 0.50日 2.39日 0.00% 65.48歳
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 38名 1.00日 4.84日 0.00% 76.21歳
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 36名 1.22日 4.69日 0.00% 70.97歳
最も手術症例が多いのは、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。
また他の病院では対応困難が多い内視鏡手技として一番難しいと考えられる胆道系疾患(胆管炎・総胆管結石・閉塞性黄疸など)の内視鏡治療も、内視鏡的胆道ステント留置術を行い、重篤な状態に対しても即治療を行い、重篤化を改善させます。これらの胆道内視鏡は昼夜問わず積極的に治療を行っております。当科は常時24時間365日オンコール体制を整えておりますので、いつでも患者様の受け入れと治療を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 132名 2.79日 2.41日 0.00% 67.39歳
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 77名 2.01日 2.56日 0.00% 64.84歳
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 63名 4.78日 9.54日 0.00% 74.62歳
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 38名 0.11日 10.26日 2.63% 65.95歳
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 38名 2.34日 2.34日 0.00% 64.55歳
心臓救急医療に対し、24時間循環器専門医が対応し、救急患者様を断らない体制を目指しております。そのため、24時間心臓カテーテル治療が行える体制となっております。冠動脈カテーテルに関しては、ローターブレーターやエキシマレーザー等の特殊な方法での手術も可能となっており、重症度に問わず積極的な治療を行うことができております。
経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)、経皮的カテーテル焼灼術も数多く施行しており、循環器領域の幅広い疾患に対応しております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 13名 18.62日 30.31日 7.69% 56.46歳
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 初回 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K6121ロ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(静脈転位を伴う) - - - - -
上記症例数は厚生労働省の集計方法に従い集計しておりますので、他診療科執刀により施行された手術についての件数となります。
内シャント設置術は外来で施行することが当院の基本方針となっているため、入院後に内シャント設置術を行っている患者様は、緊急透析を要する重症症例となっております。透析症例に対し泌尿器科と連携の上、ブラッドアクセス作成あるいは当科でのシャント拡張術等、アクセス管理を行っております。
当院では担当診療科のみならず、他科診療科と密に連携し治療を行っております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10名 61.40日 52.90日 30.00% 79.70歳
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術( 後方又は後側方固定) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
上記症例数は厚生労働省の集計方法に従い集計しておりますので、他診療科執刀により施行された手術についての件数となります。
当院では担当診療科のみならず、他科診療科と密に連携し治療を行っております。
病気やケガで口から食事や水分を摂取できない方に対し、胃瘻造設術を施行しております。また、これらの患者様は、病状回復後も自立した生活が困難な場合が多く、転院、施設の入所等が必要となるケースも多くなります。当院では退院支援部門が早期に介入し、スムーズな転院調整に介入させていただいております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13名 49.85日 41.92日 38.46% 83.00歳
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
上記症例数は厚生労働省の集計方法に従い集計しておりますので、他診療科執刀により施行された手術についての件数となります。
当院では担当診療科のみならず、他科診療科と密に連携し治療を行っております。
病気やケガで口から食事や水分を摂取できない方に対し、胃瘻造設術を施行しております。また、これらの患者様は、病状回復後も自立した生活が困難な場合が多く、転院、施設の入所等が必要となるケースも多くなります。当院では退院支援部門が早期に介入し、スムーズな転院調整に介入させていただいております。
*10症例未満は「-」で表示しております。
7. その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、この表に示す4つの傷病名について、入院契機となった傷病名の同一性の有無を区分して患者数と発生率を示しています。これらの傷病名が全くないとすれば重症な症例を扱っている医療機関としては不自然であり、多すぎることも問題となります。入院契機が異なるものは入院中に基礎となる疾患が重症化したと考えられます。発症率は令和3年度の全退院患者に対する発症割合を示しています。

※1 播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな理由によって血管内で血液凝固系が活性化され、全身的に血管内で血液が凝固し、細小血管に多数の微小血栓(けっせん)を生じる病態のことです。(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)
※2 敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病(こうげんびょう)といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 20名 0.24%
180010 敗血症 同一 - -
異なる 48名 0.57%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 11名 0.13%
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる 21名 0.25%
ICUを有しており重症症例、大手術後の患者様を多く診療しております。そのため血液凝固異常やさまざまな感染症の合併により敗血症や播種性血管内凝固症候群(DIC)がおこることもあります。適切な治療が行えるようスタッフ全員で治療をおこないます。
*10症例未満は「-」で表示しております。
更新履歴
2022/09/28
令和3年度 病院指標を公開いたしました。
お問い合わせ先
0570-01-1114